テレビがあってこその私の生活

4Kテレビのメリットと将来

テレビがあってこその私の生活 近年注目を集めているものとしては「4K(よんケイ)」があります。4Kとはフルハイビジョンの画素数より、4倍の画素数を持つテレビのことでありとてもリアルな映像となっています。2011年に開催された家電見本市「CEATECJAPAN(シーテックジャパン)」で初めて4Kテレビが登場しました。2014年現在、各家電メーカーから4Kの商品が販売されています。

韓国では2013年から4K放送が開始されているため、日本政府は計画を2年前倒して2014年6月から日本でも4K放送が始まる事となりました。2014FIFAワールドカップでは、4K放送されるためとても注目を集めています。フルハイビジョン大型テレビは、映像の粗さが目立ってきますが、4Kでは画素数が多いため大画面でも美しい映像が見れると言われています。4Kの将来は、4Kコンテンツがどれだけ増えるかや4KBlu-rayの登場に掛かっています。さらに将来は8Kが登場するとも言われており今後の展開が注目されています。

Copyright (C)2022テレビがあってこその私の生活.All rights reserved.